デジタルでお役に立ちます! WEB,C/S システム開発 WEB事業支援  
ネットプラザ栃木 デオ
事業概要
開発事例
会社概要
関連リンク

まとメール使い方マニュアル

 メールの配信方法

1.環境設定



「ツール(T)」メニューの「環境設定(O)」を選択して、アカウント情報を設定して下さい。

2.配信先の設定

複数の宛先へ一斉に送信する場合は以下を設定します。

配信先はあらかじめExcelにて一覧を作成し宛先一覧に読込ます。



「複数宛先へ送信する」をチェックします。

「ツール(T)」メニューの「宛先の読込(I)」を選択して、送信先を登録したExcelファイルを選択して下さい。
Excelのレイアウトは、
  • e-mail
  • 氏名
  • 郵便番号
  • 都道府県
  • 住所
  • 電話番号
  • その他1
  • その他2
  • その他3

の9項目まで読込が可能です。送信に必要な項目は「e-mail」のみの為、他の項目は無くても問題ありません。
選択するのに必要と思われる項目をセットしておいて下さい。

(注意)
  • 1行目はタイトル行と判断する為、読込の対象外となります。
  • Excelシートの列順に読込ます。
  • 読込後の表内項目の編集は出来ません。
  • Excelシートの列が9列を超えた列は無視されます。
読込が完了したら送信の対象先をチェックします。デフォルトで読込んだ全ての行が対象となっていますが不要な送信先は対象から外して下さい。
「すべて解除」ボタンで全行が対象外となり、「すべ選択」ボタンで全行が対象となります。

選択した対象行を任意のExcelファイルへ出力する事も可能です。出力は「ツール(T)」メニューの「宛先の保存(E)」機能で行います。

3.本文の作成



「新規メール」タグを選択して件名、本文を入力して下さい。必要であれば添付ファイルを1つまで指定する事が可能です。
通常のメールとして送信する場合は、「複数宛先へ送信する」のチェックを外し「宛先アドレス」に送信先アドレスを入力します。入力出来るアドレスは1つまでとなります。

4.本文保存・読込機能について

件名、本文は保存しておく事が可能です。
入力が完了した時点で「ツール(T)」メニューの「本文の保存(W)」を選択して下さい。
100件まで保存できますが、同一の件名を保存する場合は上書きとなりますので注意して下さい。
保存してある本文を読込むには「ツール(T)」メニューの「本文の読込(R)」を選択して下さい。



一覧画面が表示されますので読込む件名をダブルクリックして下さい。
不要な件名を削除する場合は、行を選択後キーボードの「delete」キーを押して行を削除し、最後に「OK」ボタンを押して下さい。

5.メール送信



準備が出来ましたら「送信」ボタンを押して送信を開始して下さい。
画面下部に送信状況のステータスバーが表示され、全ての送信が完了した時点で「メール送信に成功しました」のメッセージが表示されます。

HOME |  事業概要 |  開発事例 | 会社概要
ネットプラザ栃木DEO    
Copyright (C) 2008 Netplaza Tochigi. All Rights Reserved.